【ホットヨガLAVA】ヨガマットはレンタルと持ち込みどっちがいいの? | ここからリンク

【ホットヨガLAVA】ヨガマットはレンタルと持ち込みどっちがいいの?

ホットヨガスタジオLAVAでヨガマットはレンタルするか持ち込みするかホットヨガ

あなたはこれから、ホットヨガLAVAに通おうか悩んではいませんか?
もしくは、通おうと決めたけど、どんな準備をしたらいいのか困ってはいませんか?

もしあなたがホットヨガLAVAに通おうとしているのなら、「ヨガマットはどうすればいいの?」と疑問に思っている人は多いのではないでしょうか?

もしくは、「ヨガマットは、レンタルと持ち込みどっちがいいのかな・・・」と考えつつも、結論が出ていない人もいるのではないでしょうか?

結果から言うと、ヨガマットをレンタルするか持ち込みするかの判断は「どのくらいホットヨガスタジオLAVAに通うのか」によって変わります。

ホットヨガLAVA(ラバ)で使うヨガマットは“レンタル”か“持ち込みか”は、ホットヨガが初めての人にとって必ず一度は悩むポイントです。

今回は、ホットヨガスタジオLAVA(ラバ)に通おうとしている人に向けて、ヨガマットをレンタルした方がいいのか持ち込みした方がいいのか、解説していきます。

この記事を読み終えたころには、ヨガマットは「レンタルか、持ち込みか」の結論が出ているだけでなく、“ある賢い選択”についても知っている状態になれるはず。

それでは、まいりましょう。

初心者はLAVAの無料レンタルマットでOK!

そうなんです。
じつは、ホットヨガスタジオLAVAは無料レンタルマットがあるんです。

なので、初心者の人でヨガマットを持っていないのなら、無料レンタルマットで十分だと思います。

「あ、そうなの?無料レンタルマットがあるならもう解決!だったらレンタルにするわ。」と思った人もいるかもしれませんね。

・・・ちょ、ちょっと待った!

ホットヨガスタジオLAVAは無料レンタルマットを利用はできるのですが、これには続きがあるんです。

ホットヨガスタジオLAVAでは無料レンタルマットの上に、「ラグまたはバスタオルを敷く」というルールがあります。

「じゃあ、家にあるバスタオルを持っていけばいいんじゃないの?」と思うかもしれません。

ですが、ホットヨガ初心者だとしてもラグを購入して使った方がいいです。

冒頭でお話しした“ある賢い選択”とは「ラグを購入するという選択」のこと。

“ラグ”というのは、表面(おもてめん)がタオルみたいになっていて、裏面(うらめん)に滑り止め機能がついているものです。

ラグとは滑り止め機能のついたタオル

出典:ホットヨガスタジオLAVA新橋店

見た目は家の玄関に置いておく薄いマットみたいですが、ホットヨガスタジオLAVA(ラバ)のレッスンのときに大活躍。

次は、バスタオルではなくラグをなぜ購入して使った方がいいのか解説していきます。

LAVAの無料レンタルマットに敷くラグを購入したほうがいい

さきほども伝えましたが、ホットヨガスタジオLAVA(ラバ)の無料レンタルマットにはラグもしくバスタオルを敷くルールになっています。

バスタオルなら自宅にあるかもしれないけど、レッスン中に滑ってしまい、思ったようにポーズが取れず、周りの目を気にしてしまいます。

そしてなにより、ただのバスタオルだと、足や手が滑ってしまい、最悪のケース、怪我をしてしまう危険性もあるんです・・・!

ホットヨガスタジオLAVA(ラバ)の無料レンタルマットに敷くものは、バスタオルよりもラグを購入して使うほうが楽しめますし、安全です。

「ラグの方がいいのはわかりました。だったら、とりあえずネット通販で安いラグを買っておけばいいんでしょ?」と思った人もいるかもしれませんね。

ラグを買うならネット通販で探した市販ラグよりも、LAVA正規品ラグにした方がいいです。

LAVA正規品ラグの方がいい理由は以下の3つになります。

  1. 市販ラグだとLAVAの無料レンタルマットの大きさに合わない
  2. 安い市販ラグだと汗を吸って滑りやすくなる
  3. 重いから持ち帰りが大変

LAVA正規品ラグの方がいい理由について詳しく解説していきますね。

LAVA正規品ラグの方がいい理由その1【市販ラグだとLAVAの無料レンタルマットの大きさに合わない】

じつは、ホットヨガスタジオLAVA(ラバ)は少しでも多くの人が受講できるようにマットのサイズ自体が結構小さめです。

ホットヨガスタジオLAVA(ラバ)で使う無料レンタルマットのサイズは145cm

対して、市販ラグのサイズは180cm前後がほとんどなんです。

折りたたんで使う方法もあるかもしれませんが、ポーズによっては折りたたんだ部分が邪魔になります。

LAVA正規品ラグであれば、無料レンタルマットのサイズにピッタリで快適なホットヨガができるんです。

LAVA正規品ラグの方がいい理由その2【安い市販ラグだと汗を吸って滑りやすくなる】

市販ラグだと、表面の縫い目が安っぽくて汗を吸うと、滑りやすくなるんです。

木のポーズをするときに床面が不安定でバランスを崩してしまいますし、コブラのポーズをするときも手がズルズル前に滑ってしまいます。

こんな環境ではヨガのポーズに集中できませんよね。

LAVA正規品ラグであれば、汗を吸っても滑りにくい素材と縫い目をしているから安心できるんです。

LAVA正規品ラグの方がいい理由その3【重いから持ち帰りが大変】

仕事帰りにホットヨガをする人にとって、荷物が重くなるのは大敵ですよね。

しかもレッスン後もシャワーを浴びますから、帰りの荷物は重たくなりがち。

さきほども伝えましたが、市販ラグはサイズが大きいので、その分汗をたっぷり吸いこみます。

安い市販ラグだと、汗を吸い込むだけでなく、速乾性もないので重たいんです。

以上がLAVA正規品ラグの方がいい理由です。
確かに、市販のラグだと自分好みのものを選べるメリットはあります。ですが、使いにくくて周りにも気を使わないといけないようなラグだと嫌ですよね。上記3つの条件をクリアできる市販ラグがあれば、それでもいいですが、やっぱりLAVA正規品ラグの方が快適にレッスンを受けられます。それに、初めからLAVA正規品ラグを買うと決めちゃえば、「どのラグがいいかな・・・」と時間だけがとられていいラグが見つからなかった、結局LAVA正規品ラグになった、という結果になって最終的にはイライラするなんてこともないですしね。とはいえ、「LAVA正規品ラグって市販ラグよりも価格が高いのでは?」と思って買いたくない気持ちを持っている人もいるはず。ということで、次はLAVA正規品ラグを少しでもお得に安く3つの買う方法について紹介しますね。

LAVA正規品ラグを少しでもお得に安く買う3つの方法

LAVA正規品ラグを少しでもお得に安く買うには以下の3つの方法がおすすめです。

  1. セール期間中に購入
  2. LAVA商品券を使う
  3. メルカリで買う

上記3つの方法の具体的な手順や条件などを説明しますね。

LAVA正規品ラグをお得に買う方法1.セール期間中に購入

ホットヨガスタジオLAVAは、「LAVA Online Store」というネット通販ショップがあって、定期的にセールが実施されています。

タイミングよくセールがやっていれば、セール期間中に購入するとお得です。

LAVA正規品ラグをお得に買う方法2.LAVA商品券を使う

ホットヨガスタジオLAVAでは条件を満たすと商品券がもらえます。

商品券がもらえる条件は以下の2つです。

商品券がもらえる条件その1
【友達・家族を紹介する】
体験当日にマンスリーメンバーに登録してくれたらLAVA商品券がもらえます。
商品券がもらえる条件その2
【マンスリーメンバーフリーの月額プランでたくさん通う】
マンスリーメンバーフリーの会員になると、スタンプラリーがあります。
5か月間分通うと、商品券がGETできます。

どちらの条件も割と難しいという人もいるかもしれませんね。

マンスリーメンバーフリー会員になっても商品券がもらえるのは最速で5カ月後・・・

ちょっと道のりが長すぎです。

最後の手段は、ちょっとした“ゴリ技”です。

LAVA正規品ラグをお得に買う方法3.メルカリで買う

そうです。
天下のメルカリです。

メルカリのアカウントを持っている人は「ラバ ラグ」で検索すると、結構ヒットします。

場合によっては、正規価格の4分の1程度でほぼ新品が買えるときもありますから、利用価値ありです。

しばらく使って商品券が増えてきたら、「メルカリで買ったラグをメルカリで売って新品を商品券で買う」なんてゴリ技もあります。

メルカリでの売買に慣れている人は試してみてください。

どの方法もダメなら・・・

LAVA正規品ラグをお得に購入する以下の3つ方法を紹介しました。

  1. セール期間中に購入
  2. LAVA商品券を使う
  3. メルカリで買う

これらどの方法でも購入できない場合は、残念ではありますが、素直にLAVA正規価格でラグを買うしかないです。

健康という何物にも代えられないものを手に入れるための先行投資と思えば、さほど高くはない値段だと思います。

こんな人はヨガマット持ち込みがおすすめ!

ここまでで、ホットヨガスタジオLAVA(ラバ)には無料ヨガマットがあるからラグだけを購入するのが賢い選択だと伝えてきました。

ですが、なかにはマイヨガマットを購入したほうがいい人もいます。

どんな場合だったらマイヨガマットを購入したほうがいいのか見ていきましょう。

マイヨガマットを購入したほうがいい場合は以下の3つです。

マイヨガマットを購入したほうがいいケース

  1. 定期的に通い始めたとき
  2. 中級者以上になったとき
  3. LAVA以外でもヨガをやるとき

定期的に通い始めたら、マイヨガマットの購入もあり

わたしがインストラクターさんに言われた言葉でもあるんですが、マイヨガマットを使うと、他の人が使った無料レンタルマットよりも気持ちがシャキッとします。

いわゆる、ルーティンと言われるものですね。

ルーティンとは、「コンディションをよくするためにいつも行うこと、いつも使うもの」のことを言います。

いつも同じヨガマットを使うことで、「このヨガマットの上にいる時間は集中する時間」というルーティンを作れるので、気持ちがシャキッとしてレッスンを受けられるのです。

また、無料レンタルマットは生乾きの臭いがするスタジオもあったりまします。

というのも、無料レンタルマットを使用した後は、個別でやらなけらばならない作業があるんです。

使用後は、スタジオにある消臭スプレーを無料レンタルヨガマットにかけて、タオルで汗を拭き取らなければなりません。

これが個別管理でやるわけですから、当然雑に行ってしまう人もいるんです。

男女共用のスタジオであれば、丁寧に消臭と汗の拭き取りをやる人は少ないです。

ホットヨガに集中する環境を作るためには、マイヨガマットが必須になります。

中級者以上になったら、マイヨガマットの方がホットヨガを楽しめる

ヨガマットは素材によって性能が大きく違います。

ホットヨガ中級者以上であれば、「汗をかいても滑りにくい素材」を選んでほしいところ。

というのも、ヨガマットの代表的な素材はポリ塩化ビニール(PVC)と呼ばれています。

ポリ塩化ビニールは安いので、誰でも手に取りやすいんです。

ですが、ポリ塩化ビニールは水に弱く、汗をかくと滑りやすくなってしまうデメリットがあります。

しかも焼くとダイオキシンが発生するアンチエコなヨガマットなんです。

そこでおすすめなのが、「天然ゴム素材のヨガマット」。

天然ゴム素材は、最高級のヨガマットと言われていて、「一生モノ」として使えるヨガマットになります。

天然ゴム素材のメリットは、強い弾力性からくるクッション性が高いだけでなく、安定性も高い点です。

木のポーズもバッチリ決まって気分爽快!

もちろん、天然ゴムはポリ塩化ビニールと違って汗で濡れてもグリップ力は変わりません。

クッション性OK!
安定性OK!
汗で濡れてもグリップ力OK!

長期間で何度もヨガマットを利用するなら理想的な素材、それが「天然ゴム」なんです。

ただし、ゴムアレルギーの人には不向きなのと、水洗いができない点はデメリットかなと思います。

天然ゴムのヨガマットは水洗いができませんが、濡れたタオルで拭いて手入れすればいいだけなので、そう負担にもならないはずです。

ホットヨガスタジオLAVA(ラバ)のマットキープオプションを検討しているくらいの人は天然ゴム素材のヨガマットの方が、ホットヨガを楽しめますよ。

ちなみに、天然ゴムのヨガマットは「LAVA Online Store」でも売っていますので、気になった人はチェックしてみてくださいね。

ヨガマットを持っていればLAVA以外のシーンでもヨガができる

ホットヨガスタジオLAVAで教えてもらったヨガのポーズなどが板についてきたら、きっと自宅でもヨガがしたくなるはず。

そんなときに、マイヨガマットをもっていれば、自宅でも集中してヨガができるんです。

「自宅だったら、フローリングでもいいし、足が痛かったら絨毯のちょっとしたスペースでもできる」と思うかもしれません。

ですが、グリップ力や安定力、絶妙な弾力をヨガマット以外で作ることは難しいです。

やっぱりヨガ専用として作られたヨガマットはヨガがやりやすい構造になっているんですね。

また、ホットヨガを通して「呼吸法」や「瞑想」、「ポーズ」に魅力を感じてくる人もいます。

すると、ホットヨガという垣根を越えて、常温ヨガなどにも羽を伸ばしたくなる人は結構多いです。

「常温ヨガをやりたい!」と思ったときにヨガマットを持っていれば、いつでもどこでもどんなヨガも楽しめるようになりますよ。

LAVAにヨガマットを置いておくこともできる

ホットヨガスタジオLAVA(ラバ)には、「マットキープオプションマンスリー」というオプションがあって、ヨガマットをスタジオに置いておくこともできるんです。

月額1,019円(税込1,100円)で利用できますので、「マイヨガマットを購入したいけど、荷物がかさばってスタジオまでの持ち運びが大変」という人は利用してみてもいいと思います。

LAVAでも使えるヨガマットのサイズは?

ここまでで、無料レンタルマットはやはり無料で、衛生面や使い勝手の面でデメリットが多いから、中級者以上を目指す人はヨガマットの購入がおすすめだと伝えました。

ヨガマットはしっかりしたものを購入して利用したほうが絶対楽しめます。

ですが、ホットヨガスタジオLAVAで使うヨガマットを購入するときには注意点が2つあります。

  1. ヨガマットのサイズは「145cm×61cm」以下で
  2. マットの厚さは使い勝手の良い3.5mm

ヨガマットのサイズは「145cm×61cm」以下で

LAVAオリジナルヨガマットのサイズが、「145cm×61cm」なんです。

このサイズ、普通のヨガマットよりもかなり小さいサイズになります。

というのも、ホットヨガスタジオLAVA(ラバ)は大人数でレッスンを受けるので、できるだけスペースが無駄にならないようにオリジナルヨガマットのサイズも小さくしているのです。

教室の床にも「あなたのスペースはここからここまで」というマーカーがありますので、それ以上はみ出るわけにはいきません。

「145cm×61cm」よりも大きいサイズになる場合は、ヨガマットを折り返して使わなければならなくなってレッスン中に折り目が邪魔になって大変なんです。

マットの厚さは使い勝手の良い1.5mm

市販のヨガマットだと、4mm~10mmの厚さが多いです。

レッスン中に厚さが邪魔になることはありません。

マットの厚さが厚くて邪魔に感じるのは、持ち運びのときと自宅で保管するときです。

厚みがあればあるほど重みが増しますので、持ち運びのときに重たくなります。

女性の人は、重いものを肩にかけていると肩こりになった経験のある人もいるはずです。

ホットヨガで身体を整えたはずなのに、帰るときに身体のバランスを崩すようなことをしてしまっては元も子もなくなりますよね。

さらに、自宅で保管するときも、厚いヨガマットは意外と場所を取ります。

厚いヨガマットを買ってしまうと肩こりや保管場所に困ることにもあるんです・・・!

そこでオススメなのが、1.5mmのヨガマットです。

「え?それじゃあ、薄すぎてレッスン中に痛くなってしまうのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、ホットヨガスタジオLAVAの床はそれほど硬い床面ではないですし、上級者ほど薄いヨガマットを使っています。

じつは、上級者になると1.5mmのヨガマットを2枚買っておいて、場所によっては2枚重ねに使っているようです。

か、か、賢い・・・。

ホットヨガスタジオLAVA(ラバ)をこれから受けてみようとしている人は、さすがに1枚で十分ですが、ホットヨガとの相性がよかったら、2枚買いもありかもしれませんね。

ホットヨガスタジオLAVA(ラバ)が初めての人は、ヨガマットの厚みが1.5mmのものを購入するのをおすすめします。

LAVAに折りたたみヨガマットを持っていくメリット

仕事帰りでホットヨガスタジオLAVA(ラバ)に行く人は、ヨガマットを折りたたみにしている人もいます。

ヨガマットと言えば、丸めてヨガマットケースに入れるのが王道です。

だけど、丸めたヨガマットは荷物が多くなるし、通勤時間の電車の中で持っているとちょっと浮いちゃう・・・。

と悩むOLさんもいます。

そこでオススメなのが折りたたみ式のヨガマット。

「ペラペラしてそうだし、使いものになるのかしら」
「折りたたみ跡が山になってレッスン中邪魔じゃないの?」

という不安もあるかもしれません。

正直確かに、ちょっと気になります・・・。

でも、持ち運びの利便性を優先するなら、折りたたみ式のヨガマットも選択肢のひとつです。

「ホットヨガスタジオLAVA(ラバ)で月額料を払いながらマットキープしてもらうのはなんだかモッタイナイ」という人は、折りたたみ式ヨガマットは持ち運びがしやすくて便利ですよ。

LAVAでヨガマットは販売しているの?

ホットヨガスタジオLAVA(ラバ)には「LAVA Online Store」があって、ヨガマットは「LAVA Online Store」で販売しています。

わざわざ店頭に行かなくてもネット通販で購入できるんです。

まずは、「LAVA Online Store」でお気に入りのヨガマットがあるか確認してみてくださいね。

LAVAでヨガマットを忘れたらレンタルもあります

ホットヨガスタジオLAVA(ラバ)には無料レンタルマットがありますので、「せっかく購入したヨガマットだったけど忘れた・・・」という不測の事態にも対応してくれますよ。

ただ、無料レンタルマットなので、前に使った人の汗の生臭さやヨガマットの寄れがあったときも経験したので、やっぱり持参のヨガマットが一番。

まとめ

いかがでしたか?

ホットヨガスタジオLAVA(ラバ)で使うヨガマットを購入しようか悩んでいる人に向けて以下の5つを話してきました。

  1. 初心者であれば、無料レンタルマットの上に購入したラグを敷く
  2. 中級者以上であれば、マイヨガマットがあったほうがいい
  3. ヨガマットを購入するなら天然ゴムがおすすめ
  4. LAVAで使える規格のヨガマットを購入するように
  5. 「LAVA Online store」でLAVA正規品を買うのが無難

実際にわたしがホットヨガスタジオLAVAに行って周りをみてみたところ、

自前:7割
レンタル:3割

くらいの割合でした。

中級者以上でなくとも、快適にホットヨガを楽しむのならヨガマットを購入するに越したことはなさそうです。

あとは、あなたのお財布との相談、になりますね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。