stunning snow(スタンニングスノー)のMIYUKIさんに伺う、ヨガアイテムへのこだわり「何気ない日常に輝きをプラスできるように」 | ここからリンク

stunning snow(スタンニングスノー)のMIYUKIさんに伺う、ヨガアイテムへのこだわり「何気ない日常に輝きをプラスできるように」

stunning snow(スタンニングスノー)のMIYUKIさんに伺う、ヨガアイテムへのこだわり「何気ない日常に輝きをプラスできるように」ヨガ

「複雑さがそぎ落とされ、洗練されたデザインだ・・・」
ヨガウェアをみた私はおもわずつぶやいていました。

あなたは「ヨガウェア」と聞くと、どんなイメージが湧きますか?

「おしゃれでかっこよく気分を上げてくれるものが良い」「人と被りたくない自分だけの1枚が欲しい」など、ヨガをより楽しませてくれるツールとして重要視している人も多いのではないでしょうか?

そんな人も、MIYUKIさんが運営するstunning snow〈スタンニングスノー〉のヨガウェアなら、きっと着たくなってくるはず。

私も初めてヨガウェアをみたときは、デザインの騙しがきかないシンプルさなのに、絶妙なカラーテイストが「なかなか日本では手に入れられない」と感じました。

「日本では」と表現したのも、じつはMIYUKIさんは台湾在住。
しかも、いろいろな国に行かれているご経験があるんです。

いろいろな国へ行かれて数多くのヨガウェアをみてきたMIYUKIさんだからこその本当の意味での日本人向けヨガウェアがstunning snow〈スタンニングスノー〉には揃っています。
stunning snow(スタンニングスノー)のヨガウェアラインナップ
シンプルさの中に可愛らしさがブレンドされたヨガウェアは、ヨガ初心者の人にとっても着こなしやすいデザインです。

「ヨガウェアで自分のために楽しむきっかけを作りたい」

そんな想いに共感した人が多く、リピート率も高いstunning snow〈スタンニングスノー〉のヨガウェア。

読者モデルのリピーターさんもいて、何気ない日常にも輝きをプラスしてくれるヨガウェアについて、ヨガインストラクターでもあるMIYUKIさんに話をお伺いしました。
stunning snowの小森美雪さんにインタビュー

ヨガを始めたきっかけは台湾に移住しライフスタイルが変わったから

―ヨガを始めたきっかけはなんですか?

ヨガを始めたきっかけは、20代の会社員の頃に習い事としてヨガスタジオに通ったのが最初です。

そこから約10年間は、本当になんとなくやったりやらなかったり。

今思えばヨガの1%もわかっていなかったなと思います。

大きな転機は、結婚して台湾に移住した後の30歳を過ぎた頃です。

慣れない海外生活や数年間の不妊治療のストレスから心身が弱ってしまった時期がありました。

そのときに元気になりたい一心で、ヨガをもう一度始めたんです。

当時はヨガスタジオに通うわけでもなく、1人で公園ヨガをしていました。

そよ風が肌を撫でてくれる公園ヨガは、密閉された空間で集団でのヨガをするヨガスタジオとはまた違った新鮮さがあったんです。
小森美雪(MIYUKI)さんがヨガを始めたきっかけ
そして、次第に私の心や体にも変化が起きていきました。

ヨガが気持ちよかったのか、緑の中で誰の目も気にすることなく”自由に”体を動かしたことが気持ちよかったのか、、、

その全てだと思うのですが、心からヨガって楽しいなと思うようになったんです。

楽しさを感じると同時に、ストレスという荷物を抱えていた心と体が回復していきました。

弱っていた心身にエネルギーと栄養を吹き込んでくれたヨガ。

そんなヨガをもっと知りたい、学びたい、と次第に思うようになっていったのです。

心のサインを常に大切にしている

ーインスタでパークヨガをされているお姿が印象的です。どんなときにパークヨガをしていますか?
気まぐれですが、朝起きて「あ、今日は公園でヨガしたい」と思ったら行きます。
ハワイでパークヨガをする小森美雪さん
あとは、色々考えすぎて疲れたときなどに公園でのんびりしたりします。

普段から、なんとなく感じる心のサインをとても大事にしているんです。

特に日本人は心のまっすぐな人が多いので、気がつかないうちにストレスを溜め込みがち。
自分の心の声を聞いて、うまくストレスケアをしてあげるのも大切だと思います。

そして、そんな心のサイン、体からのメッセージに耳を傾けてあげる大切さに気づけたのもヨガのおかげです。

自分の性格やライフスタイルに合った形でヨガを楽しむことが大切

ー心のサイン、とても大切ですね。直感を大事にしてあげて、その直感がMIYUKIさんを公園へと連れて行ってくれているのですね。

私にとって、公園はヨガにハマったきっかけでもあります。

そして自分の癒しになる場所でもあるんです。

もちろん、ヨガそのものが癒しになりますが、それ以外の要素、「どこで、誰と、どんな風にヨガをするか」も大切だと思うんです。

自分が好きな場所、リラックスできる環境を知って選ぶことが、さらにヨガを好きになるポイントだと思います。
好きな場所でのヨガを大切にする小森美雪さん
たとえば、「運動のためにヨガしなきゃ!」と強制的になってしまったら、ヨガそのものがストレスになってしまうこともあると思うのです。

だからこそ、自分の性格やライフスタイルに合った形でヨガを楽しむことを大切にしています。

私にとってピッタリ肌に合う空間が、公園だったんだと思います。

ポーズを「比べる」のではなく「気付き」を与えてくれるヨガ

ーMIYUKIさんの思う「ヨガの楽しさ」はどんなところですか?

全てです!と言いいたいですが(笑)

しいて言うなら、自分の変化に気づけることが1番の楽しさです。

ヨガは競争ではないので、誰かと比べるものではありません。
完全な○×もない。

なぜなら心も体もライフスタイルも、十人十色なのだから。

10人いれば、10色の違った輝きがあります。
十人十色のヨガを大切にする小森美雪さん
だからこそ、「これが今の自分だ」と受け入れるだけで良いんです。

このようなヨガの考え方を知ってから、さらにヨガが好きになり、「今のままで良いんだ」と安心しました。

ただ、なかには「わたしでも変化に気が付けるかしら・・・」と一種の疑心暗鬼になる人もいるかもしれませんね。

練習を続けることで、必ず変化に気付くことができます。

というのも、ヨガはポーズとともに呼吸を大切にしています。
吸う・吐く、を繰り返していくうちに、自然と集中力やリラックス感を得られるため、心身ともに開放感を与えて心地よい状態へと導いてくれるからです。
ヨガで心身ともに開放的で心地よい状態へ
つまりヨガは身体の変化だけではなく、心の変化をも気付きやすい状態へしてくれます。

ー変化に気付ける身体環境を整えてくれるのがヨガなのですね。アーサナ以外のヨガの魅力はありますか?

ヨガ=アーサナ(ポーズをとること)と思われがちですが、アーサナはヨガの一部であり、アーサナ以外の考え方、ヨガ哲学を知ってから、ヨガがさらに楽しくなりました。

「ヨガ哲学」というとなんだか難しそうですが、じつは生活の中にヨガ哲学の学びは溢れていて、マットの上で感じたことがのちのち生活にリンクしていくんです。

この気づきも、ヨガの楽しさだと思います。

マットの上で練習する時間は、たとえるなら異空間。

体を動かすことに意識が向いて、余計なことを考えなくなります。

日常生活のなかでは、「夕飯はなににしよう」とか「SNSが気になる」など、頭の中は大忙し。

マットの上であれば、意識が身体に向きやすくなり、思考が静かになることも、ヨガの魅力のひとつです。
思考を静かにしている小森美雪さん
思考を静かにする方法としては、ヨガをする前後で、「自分の感覚がどう変化しているか?」に目を向けてみる。

感情全てをコントロールすることは出来なくても、ヨガの時間を通じて少しずつ自分とうまく付き合っていけるようになっていくはずです。

そういった1つひとつの気づきが時間とともに積み重なっていき、人生そのものを良い方向に導いてくれると実感しています。

それがヨガの本質であり1番の楽しさです。

ヨガで食のナチュラル志向も高まり、美容効果も

ーMIYUKIさんはボディラインだけでなく、お肌や歯も綺麗ですが、ヨガ以外にボディケアで気を付けていることなどはありますか?

美容も大好きです。

ヨガ好きな方には多いと思いますが、私も美容への興味もあってヨガを始めたタイプです。

ですが、今の生活で特別気をつけていることはなくて、基本的なことだけです。

  • 毎朝のヨガ
  • 食べすぎないこと
  • 早寝早起き

このくらいです。

あとは水とフルーツを多めに摂るようになりました。
水とフルーツとヨガ
意識というか、台湾はフルーツが豊富なのでたくさん食べるだけです。

毎日ヨガをしていると、少しずつ自分の身体の感覚や欲するものがわかるようになってきた気がします。

ジャンキーなものを食べたいと思わなくなって、ナチュラルなものを欲するようになった気がします。

今だから思うのですが、美容・健康に魔法のような方法はなくて、食事・運動・睡眠といった基本的な生活習慣の積み重ねが全てだな、と実感しています。

朝ヨガをする生活をすると、「早く寝よう」とか「前日の夜食べすぎないようにしよう」とか、自然に生活習慣が改善されてきました。

日本に住んでいる時は、テレビや雑誌で取り上げらる美容・健康情報に飛びついたりしていましたが、そういった情報にも振り回されなくなりました。

台湾にいるとテレビも雑誌も見ないので(笑)

いい意味で自分の感覚で生活するようになりました。
そうしている今が一番調子が良いです。

ヨガウェア・アクセサリーショップ「stunning snow〈スタンニングスノー〉」を開設

ーstunning snow〈スタンニングスノー〉を開設したのはいつですか?
2019年10月です。

もともとはアクセサリーや小物を販売するところからスタートしています。
stunning snow(スタンニングスノー)のアクセサリー
当時はコロナ前だったので、日本と台湾を行き来する生活をしていて、プライベートでも色々な国に行く機会が多かったんです。

行った現地のお店やマーケットでshoppingするのも大好きで、その環境を生かして自分で買付を行なってショップを立ち上げました。
現地のお店やマーケットでショッピングする小森美雪さん
ヨガウェアを取り扱うようになったのは2020年7月頃です。

ーショップ開設のきっかけや経緯についてお聞かせください。

少し話が逸れますが、私が台湾に住んでいるのは夫の仕事の都合で、結婚後は当たり前に子育てをする未来しか想像していませんでした。

最初にもお話ししたように数年不妊治療をしていたけれど、なかなかうまくいかず。

精神的にも限界がきて、大袈裟ですがこの先どうしよう。。。と悩み模索しました。

そのひとつが「stunning snow」の開設でした。
「stunning snow」の開設
小さな一歩で良いから、今の自分に出来ることをやってみようと。

もちろんすぐにうまく行くわけもなく、悶々とする日々は続きますが(笑)

その後にヨガにハマって、考え方も前向きになってきました。

そこからヨガの勉強も始めて、「より多くの人にヨガの魅力を知ってもらいたい。」と思うようになり、ショップでもヨガアイテムを取り扱うようになりました。
stunning snow(スタンニングスノー)のヨガアイテム
ヨガそのものの魅力はもちろんですが、お気に入りのウェアやアイテムを身につけるだけで少しhappyな気持ちになりますよね?
そのワクワクの積み重ねこそが大事だと思うんです。

stunning snowのアイテムで、少しでもhappyな気持ちを感じてもらえたら嬉しいなと思っています。

何気ない日常に輝きがプラスされるショップを目指して

ーstunning snow〈スタンニングスノー〉のお名前に決めた理由や想いを教えてください。

「stunning」には「美しい、素晴らしい、魅力的な」などの意味があります。

stunning snowのアイテムを身につけることで、何気ない日常に輝きがプラスされるように、そんな想いでスタートしました。

すごく個人的ですが、私の名前「美:stunning 雪:snow」が由来です。

ショップを始めようと思った時、自分だからできること、今いる環境で今出来ることから始めてみよう、とこの名前にしました。

今思えばですが、ヨガの八支則のヤマ・二ヤマの「サントーシャ(知足)」の考え方に近かったのかなと思います。

サントーシャ(知足)とは、「無い物ねだりをやめて、今あるものに目を向ける。幸せはその中にある。」のような意味です。
サントーシャ(知足)を大切にする小森美雪さん
それまでの私は、自分に無いものばかりに目を向けていました。
そんな自分に気付いたとき、足が勝手に動き始めてstunning snowを開設していました。

当時は「無いものに目を向けすぎるのをやめて、今自分にあるものに目を向け、出来ることをやってみよう!」そんな気持ちでした。

こうやってヨガの考え方が自分らしい方向に導いてくれるな、と感じることがたくさんあります。

求めるのは、普段使いもしたくなる着心地とシンプルデザイン

ー普段着るヨガウェアに求められるもの、MIYUKIさんはどうお考えですか?

まずは着心地が大事だと思います。

窮屈なウェアだと、動きに集中できなかったり、呼吸も入りにくかったりすると思うので。

それにプラスして、純粋にファッションとしてヨガウェアを楽しむ気持ちも大切だと思います。

その楽しむ気持ちが、ヨガそのものを楽しむ気持ちにも繋がると思いますし、楽しみはたくさんあった方が良いです^^

私自身、普段もヨガウェアで過ごすことが多いので、なるべく普段使いもできるようなシンプルなデザインをセレクトしています。
stunning snowのヨガウェアは普段使いもできるようなシンプルなデザイン
これは私の主観ですが、日本人は露出に抵抗があったり暗めのカラーを選びがちかなと思います。

でもヨガをする時くらい、普段着ない明るめのカラーだったり、露出だってOKだと思います!

海外に行って感じるのは、みんな自分の体型に自信を持って過ごしていますよね。

細ければ良いみたいな考え方じゃなくて、自分のありのままの体型を受け入れている感じが私は大好きです。

ヨガでもよく言う「ありのままを受け入れる」ってそういうことだと思います。

その上で、なりたい体型やスタイルを目指していけば良いと思うし、周りの目を気にし過ぎずに、自分がワクワクするカラーだったり、心がときめくデザインのウェアを選んでみて欲しいと思います。

日本でももっとヨガが浸透して、街中に当たり前にヨガウェアで出歩けるようになれば良いのにな、とひそかに願っています。

全てのヨガウェアは試着してヨガをして心からお勧めしたいものだけを販売

ーstunning snow〈スタンニングスノー〉にはどのような魅力・こだわりがありますか?

こだわりは着心地の良さとシンプルなデザインです。

ウェアの着心地に関しては、全て私が実際に着てヨガをしてみて、心からお勧めしたいと思うものだけを揃えています。
stunning snowのヨガウェアは実際に着てヨガをして着心地を確認している
「1日中着ていたい着心地の良さ」というコンセプトがあって、ヨガの時間だけではなく普段着としてもヨガウェアを着て欲しいという想いがあります。

そうすることで、ちょっとした隙間時間に体を動かそう!と思えたり、ヨガがより身近に、生活の一部に思えてきます。

だから着心地の良さはもちろんですが、シンプルで日常にも溶け込むデザインにもこだわっています。

これは、stunning snowで扱うアクセサリーにも言えることですが、シンプルで扱いやすく日常に溶け込むデザイン。

何気ない日常に輝きをプラスしてくれるアイテムという観点で揃えています。

ヨガウェアは”消耗品”だからこそのこだわり

ーstunning snow〈スタンニングスノー〉のヨガウェアは着心地、扱いやすさが評判ですが、どのようにヨガウェアをセレクトしているのですか?

重複しますが、全て私が実際に着てヨガをして、着心地の良さ・動きやすさ・デザイン性から選んでいます。

ヨガを楽しんで欲しいという気持ちが第一にあるので、着心地・動きやすさは一番大切にしています。

デザイン性だけで動きにくかったら意味がないですし、心地よい時間を過ごすためにも窮屈感がないこと(伸縮性)も重要視しています。

あと、毎日ヨガをしているとわかりますが、ヨガウェアは消耗品です。

手に取りやすい価格帯、着回しのきくデザイン、カラーバリエーションを揃えることで気軽にヨガウェアを楽しんで貰いたいと思っています。

ヨガを始めたばかりの方から、毎日ヨガをするヨガラバーの方まで多くの方に知ってもらいたいです。

海外モデルではなく、日本人の体型を意識した商品ラインナップが高リピート率の理由

ーstunning snow〈スタンニングスノー〉は他とどのような違いがありますか?

等身大の私が着用することで、よりリアルにイメージして頂けていると思っています。

スタイル抜群のモデルさんが着れば、どんなウェアも素敵に見えちゃうのは当然です。

だけど自分が着ると「あれ?」ってなることってあるんですよね…(笑)

特に海外ブランドのヨガパンツは丈が長くて、日本人の体型に合わない事が多いです。

ヨガウェアあるある、パンツの丈が余りがち!です(笑)

stunning snowの商品はアジア人の体型に向けて作られているので、そういった心配も少ないです。
stunning snow〈スタンニングスノー〉と他のヨガウェアの違い
特にオンラインショップという特性上、試着ができないのでサイズ感などのご質問も常時受け付けています。

有難いことにstunning snowはリピート率がとても高いのですが、リピーターのお客様には「安心してお買い物できるのが嬉しいです」と言っていただけます。

ほとんどのお客様がインスタグラム経由で繋がっているので、ショップ対お客様というよりも、人と人との繋がりで成り立っています。

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

stunning snowのヨガウェアで、”自分のためにヨガを楽しむ”きっかけ作りをしたい

ーどんな方にstunning snow〈スタンニングスノー〉のアイテムを使ってもらいたいですか。

もちろんヨガを楽しむ全ての人に^^

とくに、ヨガ初心者の方に使って頂きたいです。

「ヨガはやったことあるけど、ヨガウェアは持っていない」という人って結構多いと思います。

私も最初の頃はジャージだったり適当な格好でヨガをしていました。

もちろんそれでも良いのですが、動きやすいウェアを着てヨガをするとやはり違います。

stunning snowのお客様に「ヨガパンツってこんなにも履き心地が良いものなんですね!」と言って頂いた事があります。

ヨガパンツを持っていない方、最初の1枚にぜひ選んで頂きたいです。

私自身がヨガにハマったきっかけのひとつが、ウェアやファッションからもヨガを楽しむことでした。

この楽しむ気持ちが本当に大切で、ヨガを習慣にする秘訣だと感じています。

年齢や肩書きに関係なく、”自分のために楽しむ”気持ちを大切にしてほしいと思っています。

  • 夫の妻である自分
  • 子供の母である自分
  • 同僚のために仕事をする自分
  • 会社のために仕事をする自分
  • 仲間のために頑張る自分

一人の女性のなかでもカテゴライズされている自分がいると思います。
他人のために汗を流している自分がいると思います。

でも、あなた自身も大切にしてほしい。
ヨガをしている時間だけでもいいので、自分のために楽しんで体を動かしてほしい。

stunning snowのアイテムがそんなきっかけになれば嬉しいです。

オンラインのなかでも人とのつながりを強めていきたい

ーコロナ禍でこれまでと生活様式が大きく変わるなか、stunning snow〈スタンニングスノー〉では今後展開していきたいサービス等はありますか?

オンラインでもよりリアルに繋がりを感じられるようなサービス、たとえばインスタライブで商品の紹介やQ&Aをしてみたり、が出来たら良いなと考えています。

オンラインショップではありますが、安心してお買い物ができる「お気に入りのブティック」のような存在になりたいです。

さいごに

ーさいごに、stunning snowのアイテムについて読者に向けたメッセージをお願いします。

stunning snowのアイテムが、ヨガ習慣やヨガの魅力を知るきっかけに繋がれば良いなと思っています。

私自身がヨガを生活に取り入れることで、生活そのものが自分らしく輝いていきました。

きっかけはどんな形でも良いですが、ファッションからもヨガを楽しむことも自分らしく輝くためのひとつの方法だと思います。

stunning snowでは、お客様が自分らしく魅力的に、何気ない日常に輝きをプラスできるようなアイテムを揃えています。

ぜひオンラインショップ・インスタグラムをチェックしてお気に入りを見つけてみてください^^

お話を伺ったヨガインストラクターさん


stunning snow〈スタンニングスノー〉の小森美雪(MIYUKI)さん
stunning snow〈スタンニングスノー〉の小森美雪さんより「thank you」
台湾在住/ヨガインストラクター30歳を過ぎた頃、様々なストレスからくる心身の不調に悩まされていた。そんな時に、ヨガを生活に取り入れたことで不調が改善。

“ヨガのパワー”を身をもって実感。

その後ハワイで全米ヨガアライアンス(RYT200)を取得。

学ぶほどにヨガに魅了され、この魅力を多くの方に伝えたいと思うようになる。

現在はSNSなどで有益なヨガ情報を発信中。

「シンプルで日常にも溶け込むデザイン」にこだわったヨガアイテムショップとして、stunning snow〈スタンニングスノー〉を立ち上げる。

着心地の重要視されるヨガウェアは、すべて実際に着て心からお勧めしたいと思った商品だけを販売している。

公式オンラインストア
MIYUKIさんInstagram
MIYUKIさんYouTube

ブログランキング参加しています。この記事が少しでもお役に立ちましたら、応援ポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村

執筆
この記事を書いた人
ここからリンク編集長

四足のわらじ人間。全米ヨガアライアンス(RYT200)のヨガ講師。スポーツトレーナーの活動もしつつ、トレーナー養成講師も兼務。普段は総合病院で理学療法士をしている。ヨガ系Instagramはフォロワー1万人を突破。

ここからリンク編集長をフォローする
ヨガ
ここからリンク

コメント