ホットヨガで体調が悪くなった原因と対処法を徹底解説していきます。 | ここからリンク

ホットヨガで体調が悪くなった原因と対処法を徹底解説していきます。

ホットヨガで体調が悪くなった原因と対処法を徹底解説していきます。ホットヨガ

ホットヨガの効果についての研究は数多くありますが、ホットヨガの後に体調が悪くなった理由についての研究はかなり少ないです。

様々な原因が考えられますが、ホットヨガの後に体調が悪くなったのには理由があると考えられます。

ホットヨガの後に体調が悪くなったのは、以下のような原因が考えられます。

ホットヨガで体調が悪くなった原因
  • 筋肉に乳酸が増えて痛む
  • 重い食事をした
  • 食べ足りない
  • 肝臓や胆嚢に毒素が溜まっている
  • 解毒プロセスで毒素が排出されている
  • 身体が感情的なトラウマを解放している
  • 生理周期によるホルモンの変動

これらの可能性のある診断をそれぞれ分解し、将来的に体調不良を感じないようにするための解決策を提案していきます。

体調不良は一時的なもので、体が正しいことをしている、つまり毒素を排出しているというシグナルであることが多いです。

ですが、自分の症状を正確に把握して改善していくためには、あらゆる可能性を常に意識しておきたいものです。

ホットヨガ後の一般的な副作用の可能性がある

ホットヨガの副作用の多くは正常な場合が多く、過度に心配をする必要はありません。

特に、ホットヨガを始めたばかりの方は、少し体が痛くなったり、痛みを感じたりするのは全く普通のことです。

それぞれのホットヨガの副作用とその意味を説明するために、ここでは気をつけるべき要素を紹介します。

筋肉痛を感じる

よくあることですが、どんな運動をしても、ほとんどの人が多少の痛みを感じます。

以下のような場合には、通常よりも症状が悪化することがあります。

  • ホットヨガを始めたばかりの方
  • 長期間休んでいたが再開した方
  • ホルモンの影響で月経周期が乱れている方
  • 1回のセッションで、自分を追い込みすぎて乳酸を放出しすぎてしまった。

なかでも女性にとって注意すべきなのは、コルチゾールが過剰に分泌され、体の痛みを感じるケースも。

というのも排卵後は、体内のコルチゾールが過剰になり、体の痛みを感じ、生理が始まる前の1週間は最も無気力になりやすいからです。

いずれの原因も体調が悪くなった理由として考えられ、筋肉の痛みや圧迫感が生じてくるでしょう。

ですが、いずれも一時的な痛みであり、1日か2日で完全に解消されるはずです。

吐き気やめまいを感じる

ホットヨガで体調が悪くなったときに最も多いのが、吐き気やめまいでしょう。

ホットヨガの後に吐き気やめまいを引き起こしてしまう原因には、以下のようなことが考えられます。

ホットヨガで熱が籠った

熱がこもりすぎて、体が熱射病に近い状態になっている可能性があります。

湿度と温度の調整によって、多くのホットヨガスタジオでは熱が籠りやすい状態を作り上げています。

普段から汗がかきにくい体質の人にとっては、身体に熱が籠ってしまったままになりがちな環境なのです。

対処法は?

安全なレベルを超えていると感じた場合は、静かにクラスを抜け出し、涼しい空気を吸いましょう。

熱中症や熱中症になるような危険を冒さないようにしてください。

クラスが激しすぎた

温められていない伝統的なヨガでも、内容が激しすぎて、一種のオーバーヒートになってしまう可能性はあるくらいです。

ホットヨガのようなヨガでは、多くのヨギーニが自分の限界に挑戦するような環境下にあります。

それがたとえ、何年も練習している上級者であったとしてもです。

限界を超えるために、クラスが加熱される必要はありません。

対処法は?

繰り返しになりますが、水を飲むために丁重に席を外し、休憩を取りましょう。

気を失いそうになったり、吐きそうになったりしたら、体があなたに伝えようとしているのです。

その声に耳を傾けましょう。

席を外すまでには至らない場合は、子供のポーズや英雄のポーズなど、落ち着いたポーズをとって一息つきましょう。

呼吸をゆっくりして、準備ができたらクラスを続けましょう。

ヨガ講師はいつもこのような状況を見ていて、あなたのペースで進めてほしいと思っています。
なので、恥ずかしいと思わないでください。

自分の健康に関して非常に快適に感じるべきことです。

食べ過ぎた

授業の前に食べた場合、消化器系に負担がかかりすぎて体が食べ物を拒絶している可能性があります。

大きな食事をして吐きそうになった場合は、食べ物が消化される間、お腹の中で内臓を巻き込みすぎていることが原因と考えられます。

対処法は?

授業の前に、りんごやナッツなど、少なめの食事をしましょう。

または、クラスの直前ではなく、数時間前に多めの食事をするのもよいかもしれません。

十分に食べていない

逆に、何日も食べていない場合は、激しい動きの影響を体が感じているかもしれません。

血糖値が低くなりすぎて、以下のような症状が出る可能性があります。

  • 震える
  • 心拍数や血圧が上がる
  • 緊張する
  • 失神やめまいがする
対処法は?

レッスンの1時間ほど前に、果物などの軽いスナックを食べましょう。

肉類や乳製品は消化が遅く、ストレッチの際に胃が痛くなるので避けましょう。

食事をする場合は、ホットヨガセッションの2-3時間前には済ませておきましょう。

脱水症状になっている

対処法としては、ホットヨガの前、最中、後には必ず水を飲みましょう。

特にホットヨガでは、汗で体の水分が失われているので注意しましょう。

内臓の不快感を感じる

ここまでのお話しの中で、どの症状にも当てはまらないと感じた場合は、以下のいずれかの可能性があります。

肝臓や胆嚢に毒素が溜まっている

お酒をよく飲む人や油分の多い食事が好きな人が初めてホットヨガをする場合、肝臓や腎臓が吐き出すべき毒素を多く抱えている場合があります。

肝臓や腎臓の毒素排出が過剰になったとき、内部の痛みとして自覚するケースもあるんです。

ホットヨガは、内臓を新たな角度から刺激し、様々な症状を軽減する効果があります。

また、心臓病や呼吸器疾患などの持病をお持ちの方が適切にホットヨガを行えれば、数え切れないほどのメリットがあるのです。

ホットヨガは体内の不純物、具体的には毒素やコルチゾール、不健康なホルモンなどの排出を助けるので、体内の不純物が多いと、毒素が体内を移動するときにより多くの症状が出る可能性があります。

対処法は?

体内を毒素が通過するのを待ちましょう。

もし、特別に体調が悪いと感じた場合は、医療機関を受診してください。

ですがホットヨガ後に体調が悪くなった程度が多少であれば、受講したレッスンはあなたにとって、とても大切だったという理解もできます。

受講したレッスンは今まで滞っていた体内の化学物質を体外へ排出させる作用があったのです。

ただし症状が1~2日以上続く場合は、医師の診断を早めに受けてください。

体が感情的なトラウマを解放している

肝臓や胆嚢の痛みと同様に、多くのホルモンが体中に存在しています。

ホルモンは子どもの頃のトラウマを意外なところに保存していることがあります。

海外では「トラウマを癒すためにヨガを使う」場合もあるくらいです。

通常ホットヨガは、身体を興奮させる神経、交感神経系を優位にさせます。

交感神経系は、闘争や逃走反応を司る自律神経系です。

過去のトラウマが「闘争や逃走」とリンクしたとき、過去の記憶があなたにアクセスしてきているのでしょう。

そのトラウマを、ホットヨガのなかで体を動かしたり、伸ばしたり、ねじったりすることで、感情的なトラウマを解放してくれる可能性があるのです。

対処法は?

これは、あなたのインストラクターがあなたにあまりにも乱暴であるか、または「完璧」であるために緊張を作成し、不十分な子供の不安に火をつけることを意味する可能性があります。

そのため、以下が必要になるかもしれません。

  • 穏やかなアプローチ
    トラウマを経験した人やPTSDの可能性がある人に対応する、穏やかなヨガインストラクターを探してください。
  • 正面から向き合う
    深く埋もれてしまったトラウマを体験する。トラウマを体験すると、ホルモンの作用で、自分でも気づかなかったことが表に出てくるはずです。

一時的には痛みを伴いますが、セラピーでは何年もかかった心理的成長が、ホットヨガの助けを借りれば数日で終わるかもしれません。

感情を体に感じさせて、最後に解放してあげましょう。

まとめ

ホットヨガによる体の痛みのほとんどは、心配する必要はありません。

ちょっとした不調を感じるのは普通のことですが、ホットヨガ後に体調が悪くなった場合は、以下の方法でほとんどが対処できるでしょう。

ホットヨガで体調が悪くなった場合の主な対処法
  • 適切な水分補給
  • セッションの直前に食べ過ぎない
  • 毒素やホルモンを通過させるために、ホットヨガを規則正しく行う

症状が1~2日を超える場合は、専門家の診断を受けてください。

コメント